歯ぐきのケア 歯周病予防をはじめましょう!

ユーカリに新たな働き「歯周病予防」

健康な歯ぐきはピンクで引き締まっている!

オーストラリアを主として世界に300種以上もある常緑樹「ユーカリ」。コアラの食料として、よく知られています。スッキリした芳香が特徴で、ハーブティーなどに使われているほか、アロマオイルとしても非常にポピュラーです。ユーカリには消炎・清涼・防腐作用があるので、鼻炎吸入剤・うがい薬・去痰薬などにも活用されています。
また、まだあまり知られていないユーカリの働きに、“歯周病予防” があります。

コアラ

ユーカリ抽出物の
「マクロカルパールC」に、
歯周病予防の効果!

さまざまな研究によって、ユーカリ(グロブラス種)の葉から抽出した成分「マクロカルパールC*」をはじめとするユーカリポリフェノール類には、歯周病予防の効果があることが明らかになっています。
特にマクロカルパールCは、“歯周病菌への抗菌作用”と“歯垢形成の酵素を阻害する働き” が強く、口の中の歯周病菌の増殖を抑制し、歯垢を付着しにくくして、歯周病を予防します。
この成分のもう一つの特徴は、歯周病菌には抗菌活性を発揮する一方で、口腔内の細菌叢や腸内細菌叢を大きく変えることはないという点です。ユーカリはもともとハーブティーなどの飲用にもなっていて安全性が認められていますが、細菌叢への影響が少ないことも確認済み。安心して口に入れることができます。

*マクロカルパールCは、特定のユーカリにのみ含まれ、ユーカリポリフェノールの中でも、歯周病予防効果が最も高い成分です。

ユーカリ成分「マクロカルパールC」のはたらき

ユーカリ抽出物で、歯垢が減少!

ヒトを対象にした比較試験でも、「マクロカルパールC」などのユーカリ抽出物が歯周病を予防・改善するという結果が出ています。ユーカリ抽出物を配合したチューインガムの摂取で、“歯垢の蓄積” “歯肉の炎症” “歯肉からの出血”が抑えられ、“歯周ポケットの深さ”が改善されたことなどが、 数値として示されました。
この試験結果からも、ユーカリから抽出した成分が、歯周組織の健康維持・増進に有効に働くと考えられます。

被験者:歯肉に炎症を有する20~40代
試験群:ユーカリ抽出物0.6%添加ガム群 32名、
ユーカリ抽出物0.4%添加ガム群 32名、
無添加 ガム群 33名
摂取量:1回2粒、1日5回
期 間:2006年2月~6月
(大阪大学大学院歯学研究科)
ユーカリ抽出物配合チューインガムの摂取が歯周組織に及ぼす影響

生涯医療費削減のポイントは「歯と歯ぐきのケア」>